ハンドピュレナで老け手ケアをもっと実感するための使い方のコツ!

ハンドピュレナで老け手ケアをもっと実感するための使い方のコツ!

 

 

老け手対策専用ハンドクリームの「ハンドピュレナ」の使い方を紹介してきましたが、ここで再度おさらいと、さらに実感するための使い方のコツ・ポイントを紹介していきます。

 

 

ハンドピュレナは、1日2回使います。

 

使うタイミングは、「日中のいつでも、都合のよい時」と「寝る前」です。

 

 

日中に使う場合は、家事などで水を使う前はNGです。

 

せっかくハンドピュレナを塗ったのに、水に濡らしてしまうと、美容成分が流れてしまい効果が半減してしまいます。

 

ですから「水を使わない時に」塗るようにしてくださいね。

 

 

寝る前に塗るのは、「シンデレラタイム」にしっかりハンドピュレナの美容成分を浸透させるため。

 

シンデレラタイムとは、肌の調子を整える、寝ている間。

 

美容成分をしっかり浸透させると、さらに実感することができると思います。

 

 

ハンドピュレナの使い方とさらに実感するためのコツ・ポイント!

 

基本的な使い方のコツは、下記のとおりです。

 

 

●その@

 

1回に使う量は「両手でパール大(直径1cm)」です。

 

 

量が少ないと効果が実感できにくくなります。

 

だからといって、多く量を使ったからといって、効果をより実感できるというものでもありません。

 

まずは、目安量を使ってみてください。

 

肌の状態を見て、少ないかな?と感じた場合には、量を増やしてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

●そのA

 

手を清潔にして、乾かした状態で使ってください。

 

右と左の手の甲を合わせて、クリームをのばします。
手の甲全体にクリームをのばすようにしてくださいね。

 

 

 

 

●そのB

 

手のひらで包むように、ハンドピュレナをきちんとなじませていきます。

 

しっかり温めながら、手になじませるようにすると良いでしょう。
温めることで、さらに美容成分が肌に入っていきます。

 

 

 

 

 

使い方は、上記のとおりですが、効果をさらに実感するためには、「ハンドマッサージ」をすると良いでしょう。

 

 

ハンドピュレナを手に塗るだけでなく、塗りながらマッサージしていき、美容成分を肌にきちんと浸透させて、血流を促す効果が期待できます。

 

 

ハンドピュレナで実感のコツ!ハンドマッサージ!

 

 

■その@

 

手の甲を軽く押さえます。

 

親指で3回ほど円を描くように、手全体をマッサージします。
優しくするようにしてくださいね。

 

 

 

■そのA

 

指と指の間の付け根を、親指と人差し指で挟みます。
2回ずつマッサージしてください。

 

親指〜小指まで、順番に優しくするようにしてくださいね。

 

 

 

■そのB

 

指を1本ずつマッサージしていきます。
上下、左右に交互にはさみ、2回ずつなぞるようにマッサージします。

 

 

※方法@〜Bを、両手に施してください。

 

 

 

 

ハンドピュレナのクリームの中には、小さな粒が入っています。

 

この粒は「ビタミンE誘導体(トコフェロール・保湿成分)のカプセル」です。

 

ビタミンEは、不安定な性質を持っており、水に溶けると効果が減ってしまいます。

 

 

ハンドピュレナは、この欠点に着目!

 

ビタミンE誘導体をカプセル状にしたことで、水分に溶けずに、肌に塗った時にきちんと美容成分を浸透させてくれるんです。

 

 

また、ハンドピュレナは、第三者機関(外部機関)のモニター調査を実施!

 

その結果・・・

 

良い変化を実感できる可能性がある「評価試験済み」の商品となっています。

 

1日2回、朝と夜に使用した場合に実感できるという結果ですので、ハンドピュレナは1日2回毎日使うようにしてくださいね。

 

 

上記で紹介した使い方は、ハンドピュレナを購入すると付いてくる「使い方ブック」にも載っています。

 

購入した方は、ぜひ確認してみてくださいね。

 

クリック⇒1万2000人待ちの大人気!売り切れ注意!ハンドピュレナ